当温泉の特徴は、すべてのお湯を毎日入れ換える全換水システムを導入。ろ過循環を行なっていない完全掛け流し式で、温泉を薄めてない、沸かさない、現在45℃の高温泉100%源泉使用です。 泉源は、旅館敷地内に、昭和46年に深さ101メートルを掘削し、現在45℃、1日144トンという温度と湯量で湧き出ております。ラドン・ホン酸等が多量に含まれており、色白になる性質があります。毎日、新鮮なお湯が楽しめます。

全国の旅館、ホテルの情報誌では上記の(1)〜(5)を満たしている温泉施設は全国約22,000軒の温泉施設の中でも殆どないという記事が発表されています。

社団法人日本温泉協会
当温泉の天然温泉利用証
(PDFファイル)をご参照ください。

1.源泉名 博多温泉 富士の苑
2.泉質 カルシウム・ナトリウム塩化物温泉
3.泉温 源泉45.4℃
4.湯出量 1日144トン
5.性状 無色透明、塩味微に硫黄臭
6.温泉の成分 (本水1kgに有する成分及び分量)

メタケイ酸 40.8mg/ メタホウ酸 6.3mg/遊離炭酸 2.2mg
【陽イオン】 【陰イオン】
ナトリウム 984.8mg フッソ 1.1mg
カリウム 13.0mg 塩素 2749.0mg
マグネシウム 1.0mg 臭素 11.1mg
カルシウム 901.3mg ヨウ素 0.0mg
鉄(U) 0.1mg 硫化水素 0.0mg
マンガン 0.0mg チオ硫化 0.0mg
アルミニウム 0.4mg 硫酸 314.7mg
炭酸水素 21.3mg
炭酸 0.0mg
【陽イオン合計】:1900.6mg 【陰イオン合計】3097.2mg

きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病・神経痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進 (飲用の場合:慢性消化器病・慢性便秘)
―禁忌症―
急性疾患(特に熱のある場合)・活動性の結核・悪性腫瘍・重い心臓病・呼吸不全・腎不全・出血性疾患・高度の貧血・その他一般に病勢進行中の疾患・妊娠中(特に初期と末期) (飲用の場合:腎臓病・高血圧症・その他一般にむくみのあるもの)